SSLについて正しい知識を把握しておきましょう!

- SSL証明書の役割と確認の方法

SSLおすすめサイト

アーカイブ

カテゴリー

SSL証明書の役割と確認の方法

SSLには証明書と言うものがあります。
SSL証明書と言う事が一般的で、その役割は大きく分けて3つあります。
SSL証明書にはどのような役割があるのでしょうか。

■SSL証明書の役割とは?

SSL証明書の役割には、大きく分けて3つあると前述しました。
先ず、最初にSSLを用いて個人情報等の重要なデータの通信情報を暗号化する事が挙げられます。
暗号化する事によって、通信過程で情報を解読されたり、盗まれる事を防ぎます。
次に、SSLを利用しているホームページの所有者、または運営会社の確認を行う事が出来るようになります。
通信販売で買い物をする時等に、身元の証明できるショップから購入すると言う事が可能になります。
そして、SSLを導入しているホームページの所有者または運営会社について、第三者機関(認証局)からの信頼性が高い事を証明する事が出来ます。
第三者機関からの信頼が高い事によって、安心してそのホームページを閲覧する事が出来るのはもちろん、通信販売のショップであれば、安心して買い物をする事が出来ます。

■SSL証明書を確認する事は出来るのでしょうか?

SSLを導入しているホームページのURLには必ず鍵のマークが付いています。
それだけでもSSLを導入している安全なホームページである事を目で確認が出来ますが、それ以上に所有者や運営会社を詳しく確認したい場合には、その鍵マークをクリックする事で、ある程度の情報を得る事が出来ます。
企業名等はすぐに確認する事が出来ますので、不安な場合は確認しておくと良いでしょう。

こうしたSSL証明書付のホームページは、ちょっと気を付けるだけですぐに見つける事が出来ます。
特にクレジットカードで買い物をするような時には、チェックしておくと良いと思います。

関連する記事

Copyright(C)2015SSLについて正しい知識を把握しておきましょう!All Rights Reserved.